キャンペーン中↓↓

ダイエットとリバウンド

無理なダイエットの反動で、急に食べてしまったり食べなくなったり、ココロとカラダのバランスが変化して、カラダに変調が起きて自分でコントロールできなくなり、食事が進んでしまう。

これがリバウンドです。

食事が増えることによりリバウンドしてしまうと、ダイエットのスタート時より体重が増えてしまって、嫌悪感を抱くようになって、吐いてしまう人もいるようです。

このように、がんばっている自分を責めてしまったら、せっかく痩せようという努力が無駄になってしまいます。

具体的には、無理なダイエットにより食事が取れなくなり、体重を増やそうと思っても増やせなくなってしまい、クリニックに通院するという例もあるようです。

人間にとって食べ物を取ると言う行為は、本来楽しいものなのです。気の合った仲間と楽しくワイワイ!たまにはお酒も気分転換にいいでしょう。楽しいことも一切カットしてしまってダイエットしては、本末転等です。

「食事をする」楽しみは大切にしながら、内面も磨く努力をすること。そうすれば、憧れていたプロポーションや、今まで欲しかった洋服が着れるようになるのです。

マイペースを心がけましょう!無理のないよう自分自身のペースで良いのです。多少、休んでもダイエットにそうそう影響は出ないものです。

自分なりの「食べて 痩せる」方法をみつければ良いのです。外面だけでなく、カラダの内側からもキレイになる!食べて痩せることに本当の「美しさ」があるのです。

☆おいしいから続けられる☆
ヒルズダイエット パステルゼリー
posted by ヒルズダイエット/パステルゼリー at 12:25 | 正しいダイエットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットと運動

カロリー計算をきっちりとして食事の制限をしてきたけれど、肝心の体重が減る傾向が見られない! なんで?

いくら、「食べて 痩せる」と言っても、生活そのものがだらけていては、何の意味もありません。

これまで、あまり運動らしい運動をしていなかった人が、急にダイエットといって運動をはじめても挫折するのは当たり前なんです。

このように、がんばっている自分を責めてしまったら、せっかく痩せようという努力が無駄になってしまいます。

運動によってダイエットをする方法に人気があり、DVDを見ながら簡単にエクササイズができるようです。DVDによるエクササイズはカンタンなので、ちょっと気になるものがあったら始めてみるのもいいかも知れません。

継続することで、すこしづつ「運動によるダイエット」をカラダに馴染ませていくのです。運動のあとは、毎日体重計に乗ること。これだけでも運動しながらのダイエットは成立するのです。

毎日のカラダの変化を大切にすること。体重の変化に気をつけて運動の量や食事の摂り方を考えれば、一定の体重を保つことができるはずです。多少、休んでもダイエットにそうそう影響は出ないものです。

☆おいしいから続けられる☆
ヒルズダイエット パステルゼリー
posted by ヒルズダイエット/パステルゼリー at 12:27 | 正しいダイエットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カロリー計算とダイエット

私達が毎日食べている食べ物には、カロリーという数値で計算することができるのです。

そのカロリーとは、ラテン語「Calor」が語源となっていて、意味は「熱」です。人間が活動するのには、最低限必要な熱量があります。

その限度を超えたものが体内に蓄積されることになります。その蓄積量が一定量よりも多くなると脂肪になります。これが太る原因になっているのです。

この熱量を上手く使いながらダイエットを実現させるのが健康的なプロポーションを作るきっかけになるわけです。問題なのが、毎回食べた食事のカロリーの計算をすることです。カンタンな方法があります。

毎日食事をした時に「時間」と「カロリー」の大体の数値をちょっとメモしておけばいいのです。毎日記入することで、自分の食生活の傾向が把握できるようになります。

1日3回ともカロリーオーバーしている!すぐに対策できます。

メモを取る事で、食生活を見直し、バランスに気をつける。そんな身近なところから「食べて 痩せる」は始まるのです。

ちょっと食べ過ぎてしまった!それでも大丈夫です。カロリーオーバーした分だけ次の食事で調整すればいいのです。

ダイエットを成功させることの第一歩は、カロリー(熱量)の量を把握することなのです。必要なカロリー以上に食事をとらなければ、体重が増えることは無いのですから。

☆おいしいから続けられる☆
ヒルズダイエット パステルゼリー
posted by ヒルズダイエット/パステルゼリー at 12:29 | 正しいダイエットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短期ダイエットについて

ダイエットをはじめる前に注意したいポイントについて。

「痩せたい」と考えている若い人たちのほとんどの方が、いつもその事を考えているのではないのでしょうか。テレビで見るタレントさんに憧れたり、欲しい洋服サイズだったり、女の人はいつもそんなアンテナを張っているように思います。

世界の中でも特に日本の女性たちがダイエットと言う言葉に対してとても敏感になっていて、外国の人から見たら「別に太っていないよ。痩せているのにどうして?」と思われている事をみなさんご存知でしょうか。

ダイエットに対する間違った認識から、食べることは、いけない事のように考えて、極端な食事制限をしたり、太ってしまったらといつも不安感いっぱいで過ごしたリ、様々な病気を引き起こしたりする例も見られるようです。

短期ダイエットは、ご自身の体調に耳を傾けながら、体調不良を感じたら休憩するという事も、きちんと頭に入れておきましょう。

短期ダイエットをスタートする前に、自分が本当に太っているのかどうか、短期ダイエットが必要なのかを調べてみましょう。BMI指数は男女共通の肥満度をもとめる計算式です。BMI指数=体重(Kg)÷(身長m×身長m)。計算結果の数値によって、肥満度が分ります。

数値が、20以下の時は痩せている、24以下の時は標準、26.5以下の時はやや肥満、26.6以上の時は肥満ということになります。

あなたが、どのタイプか知った上で、自分自身の体系にあったダイエット方法をしましょう!決して過度のダイエットをしないように気をつけましょう!ガリガリに痩せるのが理想の姿ではないのですから。

☆おいしいから続けられる☆
ヒルズダイエット パステルゼリー
posted by ヒルズダイエット/パステルゼリー at 12:31 | 正しいダイエットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炭水化物ダイエットについて

炭水化物ダイエットの危険について調べてみました。

最近良く聞くダイエット方法はいろいろありますが、話題のダイエットのひとつに炭水化物ダイエットがあります。

その話題のダイエットの炭水化物ダイエットの方法は、お米やパンを絶つことです。体に貯蓄された皮下脂肪を消費させるダイエットです。ここに危険が潜んでいるのをご存知ですか。

お米やパンを一切食べないという炭水化物を極端にカットする方法は、生活習慣病の原因となってしまうのです。日本以外でも炭水化物ダイエットはあるようです。

アメリカではアトキンスダイエットとして、炭水化物をカットするダイエットの方法があり、多くの成功例が報告されています。炭水化物ダイエットは、インシュリン効果があり血糖値の上昇を抑えるようです。

アメリカでのアトキンスダイエットは糖尿病食のアレンジとも言われています。アトキンスダイエットには、糖質をカットする効果があるのですが、脳になくてはならない栄養素で、これをカットすることによって、違和感や偏頭痛を訴える人が多いのです。

炭水化物ダイエットによる反動で動物性食品を過敏に摂取することになり、生活習慣病を招きやすくなる傾向があるのです。

日本人の場合は、便秘のリスクも高めることになります。その理由は日本人の腸の長さに関係するようです。さらに、日本人にとって炭水化物を絶つことはなかなか困難です。

お米や麺類などを好んで食する傾向があるので、炭水化物ダイエットを長期続けるのを難しくしています。これらのことから、炭水化物ダイエットは短期に体重を落とすには確かに効果的ですが、後々の健康面の事を考えて行えない点でリスクが高いといえます。

やはりバランスが良い食事を取りながら行なうダイエットの方が、日本人には向いているのではないのでしょうか。

☆おいしいから続けられる☆
ヒルズダイエット パステルゼリー
posted by ヒルズダイエット/パステルゼリー at 12:33 | 正しいダイエットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。